薄毛などの髪のお悩みと向き合う美容室を三宮で営み頭皮を優しくケアし強髪を育てます

お問い合わせはこちら

ヒト幹細胞培養液について

駅チカ美容室を三宮で営み最先端の発毛ケアをご提案

HUMAN STEM CELL CULTURE

こだわりのヒト幹細胞培養液を用いて適切なヘアケアをいたします

安心してご利用いただける国産のヒト幹細胞培養液を用いたヘッドスパのメニューでは、頭皮を丹念にもみほぐすことで血流を促し、健康な髪の実現に向けてお手入れいたします。
今話題のヒト幹細胞培養液にフォーカスした美容室として、髪の毛のターンオーバーのサイクルを短くするよう促すメニューで、頭皮を集中ケアできる発毛促進メニューがあり、リラクゼーション効果も期待できますので、三宮エリアでお仕事帰りの方にもご好評をいただいています。


美容アプローチと医療アプローチ

医療の現場では、例えば角膜の再生に「幹細胞(iPS細胞)」が使われ、脂肪由来のヒト幹細胞を使った再生医療が進み、軟骨の再生や肝硬変などの治療にも使われています。その他様々な再生医療が取り入れられつつありますが、その再生医療の考え方から生まれた究極の美容成分・ヒト幹細胞培養液は、含まれる成長因子が細胞に働きかけ活性化することで高いケアができることが特長で、今美容業界で注目されています。
ヒト幹細胞培養液の効果は美容の分野でも様々な効果が期待され、老化で鈍った細胞を活性化させて発毛や美肌を促進する最先端の技術と言われています。細胞自体は入っていませんので医療行為ではありませんが、頭皮にもお肌にも効果は期待できるという美容液として美容にアプローチしていきます。

ヒト幹細胞培養液とは

ヒト幹細胞培養液とは、最先端の培養法で幹細胞を培養して幹細胞を取り出した後に残る上澄み液のことで、タンパク成分豊富な抽出液です。皮膚組織の再生を促進する高機能性生物素材で、サイトカイン、インターロイキン、SOD(抗酸化力)を豊富に含んでおります。
体内のターンオーバーが正常化することで、肌組織は若々しい健康な状態に戻ります。そこで大切なのは、表皮細胞を作り出しターンオーバーの周期を司る表皮幹細胞と、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成して肌組織を作る線維芽細胞を生み出す真皮幹細胞です。これらをバランスよくしっかりケアし、ターンオーバーの正常化を目指していきます。厳選された国産のヒト幹細胞培養液を使用し、頭皮のより深くまで浸透させることで発毛を促進してハリ・コシのある髪を呼び戻します。

これまでとの違い

幹細胞にはこれまでに植物幹由来幹細胞・動物由来幹細胞がありましたが、国産にこだわったヒト由来幹細胞を抽出することでできた培養液を利用した最先端のプログラムをご用意しています。髪の毛や肌を構成する細胞は絶えず入れ替わり、健やかな状態を維持していますが、ヒト幹細胞培養液は失われた細胞を再び生み出して補充する能力に優れているため、病気の治療や老化の予防において再生医療という新しい治療法への応用研究が進んでいます。
病状を押さえ込むことではなく、もともとある細胞を一つひとつ若返らせることを目指すため、根本的で包括的なケアとして理想的な施術です。ヒト幹細胞培養液が頭皮や肌に直接アプローチし強力にサポートします。効果を最大限に高める施術を、お客様一人ひとりに最適なプログラムをご案内します。

細胞量の増殖までの時間

髪は、絶えず伸び続けるわけではなく、成長期・退行期・休止期に分かれて一定のサイクルで発毛と脱毛を繰り返しますが、これを「ヘアサイクル(毛髪周期)」と言います。頭髪全体の約9割が成長期で、この期間に毛母細胞が活発に分裂を繰り返すことで毛髪が伸びていきますが、このヘアサイクルが乱れると、うまく成長できず短く細い毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになります。
このヘアサイクルに何らかの変化が起こると、抜け毛が増え、薄毛になることがあり毛髪の本数は減ります。また、成長期の期間が短くなると毛髪が太く成長する前に抜けるため、完全に成長しない細い毛が増え、薄毛になってしまいますので、ヒト幹細胞培養液のメニューを施すことによって育毛サイクルを活性化し、4ヶ月~6ヶ月で効果を実感できることを目指します。

ヒト幹細胞培養液の弱点

ヒト由来のヒト幹細胞培養液は、すでに美容の分野ではスキンケア化粧品も数多く使用されています。人間の幹細胞を活性化させて培養したもので、ヒト幹細胞培養液を使用することで、発毛を促す細胞にスイッチを入れることができ、細胞活性化に伴い、15年前の細胞量を取り戻すことが可能と言われています。施術後に患部の腫れや赤みが生じることはほとんどありません。
副作用がほぼ無いというメリットがあり、希少価値が高く高い効果が期待できると言われていますが、弱点としては今日明日の即効性はなく、結果までに数ヶ月単位の時間を要することや自分のポテンシャルにしか戻らないことが挙げられます。また期間の目安は効果の表れ方に個人差が見られるため、どれくらいの期間通った方が良いとは一概に言えないこともあります。

INCI

化粧品成分の国際命名法の略・INCIはインキと読み、化粧品成分の国際名称として、世界で広く使われています。化学的に全く同じ成分に複数の成分名が存在すると化粧品の成分は一体何であるのかということの共通認識を得ることが難しくなってしまいますので、一つの成分の名称を一つに規定するという目的で、成分の製造法や化学的構成を規定する世界共通の情報も一緒に登録されるようになっています。このようにして、成分を化学的に明確に識別することができるようになります。
日本で化粧品を流通させる場合、その化粧品に含まれている全ての成分をラベリング表示させる「全成分表示」が必要とされますが、その全成分表示名称が存在しない成分の場合、「INCI名登録がされている成分であること」が要件となっています。


ヒト幹細胞培養液 国産と外国産に違い①

ヒト幹細胞培養液 国産と外国産に違い①

発毛に効果が期待できるヒト幹細胞培養液は、アメリカや韓国では特にここ数年で大きな注目を集め、市場も急速に広がりを見せていますが、日本でもニーズが高まっていて市販やオンラインからもたくさんの商品が売られています。9割が海外製が使われていると言われるヒト幹細胞培養液を製造しているメーカーはいくつか存在しますが、高品質な製品と低品質な製品が存在しています。
検査を通しているかやエビデンスと揃えた原料かどうかがヒト幹細胞培養液の品質を決めますが、その品質も培養過程も不明瞭なケースもありますので、ヒト幹細胞培養液は純国産にこだわり、品質確かなものを使用しています。品質を保つことでヒト幹細胞培養液を活用した頭皮ケアは、薄毛や抜け毛等のお悩みに多くの結果を出しています。

 

ヒト幹細胞培養液 国産と外国産に違い②

ヒト幹細胞培養液 国産と外国産に違い②

海外・国産のヒト幹細胞培養液はその製造条件等により大きく特性が異なります。製品化するにあたって安全検査をしっかり受けていない製品もあるため、品質と効果が保証できない製品を使わないように留意しています。人から採取した細胞を培養してそこから幹細胞を取り出し、滅菌処理などを行った液体の上澄み液であるヒト幹細胞培養液を、培養過程・会社・機関にも注目して選んでいます。
国内でも珍しい純国産にこだわることで安心してご利用いただくことができ、成分の純度が高くできるだけ早く効果を実感いただけるという利点があります。副作用も気になるポイントですが、現時点では副作用が起きる心配はないと言われていますので、ワンランク上の国産のヒト幹細胞培養液を使用したスペシャルケアでワンランク上の髪を目指しませんか。

 

発毛と育毛の違い

「発毛」と「育毛」の違いについてご存知でしょうか。 「発毛」とは、抜け落ちた髪を再び生えてくるようにすることを言います。 「育毛」とは、現在残存している髪の毛を、太く長く抜けにくい髪に育てることを言います。育毛剤は、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりする働きがあり、また、頭皮を健やかに保つ効果も期待でき、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルの予防にも役立つため、幅広い用途で使うことがあります。
一方、ヒト幹細胞培養液には発毛成分が配合されており、新しい毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できます。薄毛や抜け毛につながっているヘアサイクルの乱れを正常に戻して新たな毛髪を発毛させて、強くたくましい毛髪へと成長させるために、頭皮の中にある細胞に直接働きかけて毛髪をつくる毛母細胞を活性化させます。

毛包幹細胞の寿命

毛包幹細胞は毛周期ごとに分裂を繰り返しますが、加齢に伴って自己複製しなくなります。老化するとフケや垢とともに皮膚表面から脱落していき、毛を生やす小器官が段階的に矮小化していきますが、これが薄毛や脱毛が引き起こしていると言われています。毛包の矮小化は、40歳と59歳の女性の頭皮を観察することで、女性でも進行することも明らかになってきています。
毛包の矮小化は進み過ぎると元に戻すことが難しくなりますので、早い段階で対策を採った方が望ましいと言えます。加齢により幹細胞は少しずつ減ってきますが、突然一気になくなるわけではありませんので、残っている幹細胞を活性化し17型コラーゲンが失われないようにすることで、自ら持っている幹細胞のプールを維持することが大切になってきます。

発毛のメカニズム

髪が生える発毛のメカニズムは胎児の時に皮膚が陥没して毛包が造られることから始まり、その下部にある毛母細胞で細胞分裂が行われ、髪は生長していきます。髪にはヘアサイクルがあり、髪が生え、そしてその生長に必要な栄養素は18種類のアミノ酸であり、毛細血管によって運ばれています。髪は毛母細胞が刺激を受けて細い髪から生長を始め、この生長する期間が男性で約3年~5年、女性で約4年~6年続くと言われています。
生長とともに最初は細く軟らかかったものが次第に太毛でハリのある硬い髪になっていき、やがて生長が鈍くなる退行期となり、完全に髪の生長が止まる休止期となって髪は抜け落ちます。休止期の終わり頃になると、古い髪の毛は頭皮の上部へと上がっていき、その下の部分では、次の新しい髪になる毛芽が発生します。

白髪のメカニズム

メラニンをつくっている細胞は、髪を生みだす毛母細胞にメラニン色素を受け渡すことで毛髪に色を与える働きがあり、毛髪に色を与えているのはメラニン色素です。主な日本人の髪の毛が黒いのは毛の根元にある毛包という組織で色素細胞が髪の毛を作る細胞に色素を供給しているからですが、メラニン色素が何らかの原因でつくられなくなると毛髪は色を失い、光を反射して白く見えるようになります。これが白髪のメカニズムです。
毛包の中ほどのバルジ領域に、毛包幹細胞と隣接して色素幹細胞が存在します。紫外線が当たると活性化され細胞が皮膚の表面に泳いできて皮膚が再び色素沈着して増えていくわけです。これを見つけたのが2002年のことですので、白髪のメカニズムについてはこれから益々研究が進んでいくでしょう。

17型コラーゲン

現在、幹細胞医学分野では白髪や発毛の研究が進んできており、加齢による白髪を含めて加齢性薄毛・脱毛の仕組みは、「幹細胞」の研究から明らかになってきています。加齢関連疾患の病態解明とともに、毛包幹細胞のそばに色素幹細胞が潜んでいることがわかり、白髪になるシステムもわかってきています。その中で、髪と大きく関係があると言われているのが、豚や鶏の軟骨などに含まれているタンパク質・17型コラーゲンです。
17型コラーゲンは、口からの摂取では再生されない特殊なコラーゲンですが、白髪の改善に導くために重要なたんぱく質です。年齢とともに減少してしまい、17型コラーゲンが不足することによって毛包幹細胞と色素幹細胞との間の相互作用による幹細胞維持機構が破綻し、白髪や脱毛が起こると考えられています。

薄毛の原因 第1位頭皮環境の悪化(劣悪な頭皮環境)

仕事や食生活、飲酒や喫煙などの生活習慣によって同じ年齢でも薄毛や抜け毛の進行度合いは異なります。食事や生活習慣も重要で、栄養バランスの悪い食事・喫煙習慣・睡眠不足などは、頭皮の状態にも悪影響を及ぼすため、毛髪の健康を損なう原因となります。
また、暮らしの中で頭皮環境の悪化に繋がるポイントは多くあります。例えば、高温のシャワーでの洗髪や汚れたままの頭皮での就寝もその一つです。その他にも紫外線による頭皮へのダメージ、ご自身に合っていないシャンプーやトリートメントの使用なども注意が必要です。これらのポイントは生活の中で少し気を配るだけで改善できるため、ケアと一緒に取り組んでいくことをおすすめしております。健やかな頭皮や髪を目指すには、まずは頭皮環境を清潔に整えていくことが重要です。

薄毛の原因 第2位栄養失調

前頭部や頭頂部は元々血管自体が少ないうえ、生命維持に直接関係ない髪の毛は血行が最後になると言われていますので、薄毛のお悩みを改善へ導いていくためには血行の善し悪しは重要なポイントです。また、毛細血管は髪の毛の太さの10分の1以下と細く、ストレスや緊張で血流は抑制され、血行不良による酸素・栄養 不足は、毛母細胞の細胞分裂の不全を招きます。
ストレスや睡眠不足、喫煙、食生活の乱れなども原因に挙げられますが、特に飲酒は注意が必要です。肝臓は特に重要な臓器のため、栄養は優先的に肝臓の修復へまわされます。そのため、アルコールの摂取量が多いと髪にまわる栄養が不足してしまうのです。しっかりと日々対策を採り、AGA・薄毛対策の施術が届きやすいよう毛根の土台の環境を整えることも大切です。

薄毛の原因 第3位AGA・FAGA

FAGAは女性男性型脱毛症のことで、女性の薄毛の総称を指します。当初は男性のAGA(男性型脱毛症)と同じものだと考えられていましたが、研究が進むにつれて、AGAとは症状や原因が異なることがわかってきました。FAGAはAGAと同じく、ホルモンが関係していると言われていますが、原因はまだはっきりとは特定されていません。
比較的診断が簡単なAGAは抜け毛の症状が特徴的ですが、FAGAは広範囲に亘って症状が現れ、視診のみの特定が難しくなっています。FAGAのようにびまん性の脱毛を引き起こす疾患には、鉄欠乏などの栄養不足や全身疾患によるものやホルモンバランスの乱れ、生活習慣やストレスによるもの、ピルなどの薬物に起因するといった要因が考えられ、AGAとは違う対策を求められます。

AGAは2種類

男性の薄毛・脱毛はAGAと呼ばれ、男性ホルモンや遺伝の影響などが主な原因と考えられ、全国で約1,260万人いると言われています。髪の毛一本一本には寿命があり、ヘアサイクルにより伸びては抜け、新しく生えることを繰り返しています。毛包は成長期、退行期、休止期の状態を繰り返していきますが、このうち成長期が一番長く通常は2~6年間続きます。AGAの人は成長期が短くなるため、髪の毛が十分に成長しなくなりますが、原因として「ジヒドロテストステロン」(DHT)を産生する「5αリダクターゼ」という酵素が深く関わっていると言われています。
主に額の生え際や頭頂部周辺の毛が薄くなる2種類があります。脱毛の進行の程度は人により前頭部や頭頂部、どちらかが進行する場合も両方薄くなる場合もあります。

AGA治療薬の恐怖

AGA治療薬を使用することである程度は目立たないぐらいまでは回復しても、服薬すると体毛の増加や男性機能の低下が見られることがあります。また、維持費がかかり、だんだん効き目が弱くなっていくなどのデメリットもあります。さらに服用を止めると反動なのか以前より髪が抜けてしまったという報告もされています。
さらに投薬中止後も、性機能の低下や抑うつのような精神障害が持続しているという症例が報告され、問題視されるようになっています。男性型脱毛症(AGA)治療薬の内服によって起こった副作用が服薬中止後もそのまま継続するという状態の総称であるポストフィナステリドシンドローム(PFS)は、原因そのものが明らかになっておらず、有効な対処方法も見つかっていないという現状があるのです。

AGA治療薬に言えること

薄毛の改善に期待が寄せられるザガーロやプロペシア、ミノキシジルですが、副作用も報告されていますので、治療薬ごとの特徴や効果を知り、正しい使い方で服用を続けることが大切です。どのような症状が出る可能性があるのかを服用前に知っておき、服用によるメリット・デメリットを医師から十分な説明を受けて納得した上で自己責任で服用するべきもので、自己責任を負う意思と覚悟がないのであれば飲むべきではありません。
その一方で、QOL(生活の質向上)を考えると服用して発毛にチャレンジした方が健康に良いのではないかと言う考え方もできます。インフォームド・コンセントをしっかりと行っているクリニックが少ないと言わざるを得えない現状がありますので、服用には十分な留意が必要と言えます。

髪と白髪の再生の仕方

毛髪は誕生した時は無色(白色)で、髪の毛の色を決めるのはメラニン色素だと言われています。メラニン色素にはユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり、量やバランスによって、黒髪やブラウン、ブロンド色など多様な種類の髪色になることがわかっていますが、加齢やストレスによってメラニン色素の減少によって白髪になってしまうとされています。
メラニン色素が完全に無くなっている状態では、再生は機能しないことがわかっていますが、メラニン色素が残っている状態であればメラニン色素を回復させることができると考え、人間が本来持つメラニンを再活性化させ、自然な自分の髪色に回復させることができるよう、白髪の予防や改善に役立てる商品としてこだわりの国産のヒト幹細胞培養液を用いた施術を提供しています。

レジェンドには注意を!!

薄毛期間が長ければ長いほど、戻るのにも時間を要します。「全体的に一気に戻る」「短期間でフサフサになる」などのオーバートークにならないよう、メリット・デメリットを踏まえながら正しい情報をお客様にしっかりと説明いたします。
例えば、「増毛」と呼ばれているサービスは、薄いながらもまだ残っている髪の毛の根元部分に人工的に作られた人工毛を一本一本結び付けていくサービスの総称です。メリットは、なんといっても誰にも気付かれないほど見た目が自然な仕上がりになるところですが、「自毛に結び付ける」という施術ですので、M字部分や頭頂部など、主に薄毛で悩む部位・自毛がないところには増毛はできません。また、時間の経過とともに劣化していきますので、定期的なメンテナンスに高額な費用と手間がかかるという一面もあります。

初期脱毛と停滞期

 薄毛の症状を改善するためにヒト幹細胞培養液を使用すると、毛髪や頭皮環境は徐々にではありますが様々な変化が現れます。 例えば、今まで順調に育毛効果を実感できていたのに、途中で効果が止まって感じるケースが多く見られます。これを育毛の停滞期と言いますが、しっかりした丈夫な髪の毛を育てるには根気が必要だと言え、それらの変化は髪が生える前兆の可能性が高いのです。 薄毛の症状を改善するためにヒト幹細胞培養液を使用すると、毛髪や頭皮環境は徐々にではありますが様々な変化が現れます。 例えば、今まで順調に育毛効果を実感できていたのに、途中で効果が止まって感じるケースが多く見られます。これを育毛の停滞期と言いますが、しっかりした丈夫な髪の毛を育てるには根気が必要だと言え、それらの変化は髪が生える前兆の可能性が高いのです。
しかし、毛髪や頭皮の状態によっては初期脱毛と停滞期が訪れることで、髪が生える前触れであっても不安に感じるかもしれませんが、再生医療に基づく美容アプローチのヒト幹細胞培養液が頭皮環境に働きかけることで発毛を促しています。初期脱毛や停滞期こそが丈夫な髪の毛が生える前兆と言えますので、諦めることなく施術を継続いただくことをおすすめいたします。
しかし、毛髪や頭皮の状態によっては初期脱毛と停滞期が訪れることで、髪が生える前触れであっても不安に感じるかもしれませんが、再生医療に基づく美容アプローチのヒト幹細胞培養液が頭皮環境に働きかけることで発毛を促しています。初期脱毛や停滞期こそが丈夫な髪の毛が生える前兆と言えますので、諦めることなく施術を継続いただくことをおすすめいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。